BLOG

住宅のコラムや
日々の出来事などを
更新しています

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 「移住」のこと
  4. 長野県移住するならどこ?東御市の魅力

長野県移住するならどこ?東御市の魅力

[word_balloon id=”4″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” balloon_full_width=”true”]皆さま、こんにちは。

自然素材を大切に、職人の手づくりによる無垢の木の家「キグミノイエ」です。[/word_balloon]

地方移住といえば「長野県」の名前があげられることが多いですよね。
事実、首都圏からのアクセスも良好な長野県は移住人気が高いです。

けれど、面積の広い地域のため、どこに住めば良いか迷いますよね。
長野県は大きく北信・中信・東信・南信と分けられています。

そこで本日はおすすめ地域の一つである長野県の東信に位置する「東御市」の魅力をご紹介していきます。

東御市はココ↓

キグミノイエの事務所も東御市にあるんですよ〜^^

東御市の魅力

軽井沢と上田の中間地点で程よく田舎
軽井沢と上田の中間にあり、賑やかすぎず人口も3万人に満たないほど。大型ショッピングモールなどは隣の市まで行かなければなりませんが、スーパーや図書館、温泉など生活に必要なお店は充分に揃っています。のびのびとした田舎の雰囲気を味わえます。

降水量・積雪量が少なく晴天率70%で日当たりも良し!
長野県の東信エリアは雨や雪が少なく、全国でも有数の少雨乾燥地帯です。晴天率はなんと70%!海のない内陸部のため湿度が低く、カラッとした晴天に恵まれることが多いです。さらに東御市は日照時間が長いという特徴があります。日当たりもよく、雨や雪が少ない、過ごしやすい気候です。

ワイン好き必見!ワイナリーが多いワインシティ
東御市の気候や土壌がワイン用のブドウの栽培に適していて、ワイナリーは10軒以上あります。
ブドウは東御市の特産物!都心から移住された方がブドウを栽培したり、と醸造家の人気も高いです。

巨峰、くるみ、ばれいしょ、スイートコーンなど特産物が多い
降水量が少なく、晴れの日が多い気候に恵まれ、さらに粘土の高い土が農業にとても適しています。
そのため特産物の多さにも恵まれています。

都心へのアクセス1時間半と良好
新幹線を使えば東京まで1時間半です。
市内から5分〜10分程度の位置に東部湯の丸ICがあり、高速道路にも乗りやすい立地です。


チェーン店のカフェや大型ショッピングモールなどは、車で20分程、隣りの市の上田市や佐久市にあります。
休日のおでかけにはピッタリです^^

都会のように、すぐ行ける便利な商業施設などはありませんが、のびのびとした田舎の雰囲気を味わうには、東御市はとても適した地域だと思います。
東御市は小さい市なので、知名度は高くありませんが、知る人ぞ知る住みやすい地域です。

また、東御市と同じ東信エリアに分類される、上田市や佐久市も魅力あふれる地域です。
そちらも次の機会にご紹介したいと思います。

それではまた次回^^

 

関連記事