BLOG

住宅のコラムや
日々の出来事などを
更新しています

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 「住宅」のこと
  4. リビングに畳コーナーをオススメする理由!
リビング畳コーナー

リビングに畳コーナーをオススメする理由!

 

皆さま、こんにちは。
自然素材を大切に、職人の手づくりによる無垢の木の家「キグミノイエ」です。

リビングに畳コーナーを併設するお家、増えていますよね。
畳のスペース、いるか、いらないかで悩んでいる方もきっと多いはず…

「フローリングの床が増えて、畳の空間で過ごす機会が減ってしまった」
「ガッツリ和室が欲しいわけではないけど、ちょっとした畳のスペースがあれば…」
そんなニーズに応えたのが、リビング+畳コーナー!

今回はリビングに畳コーナーをオススメする理由
メリット・デメリットを混じえてご紹介していきたいと思います!

リビングに畳コーナーがあると便利!オススメの理由

家事・育児スペースになる
例えば洗濯物を畳んだりするときや、子どものおむつ替えをするとき、ちょうど良いスペースとして畳コーナーが役に立ちます。
畳はフローリングに比べて柔らかいので、気軽に座ったり、寝転んだりできます。

リビングに畳コーナーがあることで、空間がおしゃれに
木と和の空間が素敵に映えるのは魅力の一つです。
洋室でありつつ和の雰囲気も味わえます。
リビングにあることで来客の目に入ることも多く、ちょっとしたおもてなしの空間になったり、来客スペースとしても活用できます。

子どもの遊び場に
「子どもが小さいうちは、目の届く範囲で遊んでいてほしい」
そんなお悩みにリビングの畳コーナーはピッタリです。
フローリングに比べて、音も響かず、柔らかいので転んだりしても安心です。

ちょっとココはデメリットかも?

リビングが狭く感じられる
リビングのスペースに畳コーナーを設置するので、
視覚的にフローリングと畳の空間が分断されてしまい、奥ゆきが感じられないことも。
設計にもよりますがリビングが少し狭く感じられることもあります。

畳コーナーの種類はどっちがいい?

畳コーナーには、フラットタイプ小上がりタイプがあります。
フローリングとの段差があるかないかの違いですが、この種類によって収納や空間の映え方が違って見えます

フラット畳コーナー

・空間を広く見せられる
・段差がないので、子どもに安心
・お掃除ロボットもつまづかない

 

小上がり畳コーナー

小上がり畳コーナー

・小上がりにすることで存在感に溢れ、リビングのアクセントに
・引き出しの収納スペースが生まれる

 

空間を広く見せたいなら、フラットタイプ
空間にアクセントを与え、かつ収納が欲しいなら小上がりタイプがオススメです。

どちらの畳コーナーにも魅力があります。
用途や空間デザインに合わせて選んで、素敵なリビングをつくりたいですね。

関連記事