BLOG

住宅のコラムや
日々の出来事などを
更新しています

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 「住宅」のこと
  4. 癒やされる「木の浴室」その魅力とカビにくい工夫!

癒やされる「木の浴室」その魅力とカビにくい工夫!

皆さま、こんにちは。
自然素材を大切に、職人の手づくりによる無垢の木の家「キグミノイエ」です。

本日は「木の浴室」についてお話したいと思います。

木の浴室の魅力

魅力その1
リラックス効果のあるヒノキの香り

魅力その2
木に包まれた空間で癒され、経年とともに味が出る

魅力その3
ヒノキのもつ抗菌作用・消臭作用で気になる匂いや菌を抑える

浴室の壁や天井がヒノキでつくられた「木の浴室」
毎日入るのが楽しみになるくらい、素敵で憧れてしまいますね。

ちょっといいところの温泉旅館なんかへ行くと、ヒノキ風呂があって、
ほんのりとしたヒノキのいい香りに包まれながら、日々の疲れを癒やした方もきっと多いはず。

そんな特別感のある「木の浴室」が自宅でも楽しめるのが「キグミノイエ」

もちろん一般的なユニットバスの浴室を選ぶこともできます。
お客様の要望に応じた対応ができます。

 

自宅にあったら素敵な「木の浴室」
でも、悩んでしまうのは心配だから……
お手入れと、カビが。

たしかに、浴室内は湿気が多くカビが発生しやすいです。

しかし、キグミノイエでは、設計からカビにくい工夫をします。

つくり手のカビにくい工夫!

工夫その1
キグミノイエでは設計からカビ対策をします
例えば壁際の天井は「目透かし」といって、「アキ」をつくり、
水が吸い込まないようにするおさまりで、立ちのぼる湯気が角隅にたまらずに落ちてくる工夫をします

「目透かし」とは板をピッタリと合わせずに、板との間に少しの隙間(アキ)を設けて張る工法のこと

工夫その2
壁の腰下から、ヒノキ板を使用せずにハーフユニットを使います。
(要望によっては石かタイルも使用できます)
さらに板との境目は少し段差をつけて「アキ」をつくり「水が切れるよう」にしておきます
この「アキ」「水切り」をさまざまな箇所に設計することで、水が溜まるのを防ぐことができ、カビ対策に繋がります

キグミノイエでは、お手入れやメンテナンス面の大変さから、「浴槽」には木をすすめておりません

工夫その3
ヒノキはカビにくい性質があるため、浴室にはヒノキ板を使います。
(状況に応じて、サワラ板を使用する場合もあります)

住まい手ができる工夫!

工夫その1
換気扇を回して常に乾燥させましょう!
換気扇を回しておくだけて、気付いたらカビだらけになった、という事態は回避できます!

工夫その2
その日の最後のお風呂上がりには、飛び散った泡を洗い流して、簡単に拭いてあげましょう。
残った泡をシャワーでしっかり流して、乾燥させるとカビにくいです。

まとめ

「木の浴室」である以上、お手入れはこまめに行う必要がありますが、
ヒノキに包まれた空間では、一味違ったバスタイムを過ごせるかと思います。

キグミノイエでは、設計や使う素材を通じて、カビにくい工夫をしています。
つくり手の工夫と、住まい手の日々のお手入れで、より快適に「木の浴室」を楽しめると思います。

ぜひ魅力あふれる「木の浴室」で優雅なひとときをお過ごしいただければ幸いです。

関連記事